*

日本人のギャンブル好きは世界一

公開日: : 最終更新日:2016/03/03 海外バイナリーオプション攻略 , , ,

日本人のギャンブル好きは世界一

so17

バイナリーオプションも一種のギャンブルといえばギャンブルですね。博打要素も少なからずありますので。

そんなバイナリーオプションがここまで広まったのも日本人特有のギャンブル好きが少なからず影響していることでしょう。

そんなイメージがないかもしれないですが、日本人はギャンブル好きと裏付ける情報がいくつかあるので上げていきます。

パチンコの売上高

日本のギャンブルと言えばこれパチンコですよね。ちょっと前のデータになりますが、年間での売上高が19兆4000億円だったそうです。

この数字がどれだけすごいかというと世界最大のカジノ都市であるマカオの年間売上は335億ドルなんです。1ドル=100円として計算すると3兆3500億円です。

二番手のラスベガスの年間売上は、66億ドルで換算すると6600億円と、これは日本の数字がぶっちぎりですね。マカオのカジノと比べても約6倍の数字になります。

世界最大のギャンブルが日本にあるのです。しかもパチンコは観光にきた外人等は基本やらないので日本の人口から考えてもすごいことですよね。

馬券の売上も世界一

日本の公営競馬(JRA)の売上も、上記の通り世界一なのです。

年間売上高が2兆3000億円です。

世界第二位はアメリカですが、約2兆円です。

金額はそんなに変わらないですが、日本の人口からしたらすごいことです。

日本の人口はアメリカの2分の1程度、かつ、レースの数はアメリカの10分の1程度なのに、馬券の売り上げは、アメリカを超えています。

驚きますね。

ギャンブル依存症の有病率

成人の依存症について調べている厚生労働省の研究班がちょっと前に発表した数字が下記のようになります。これはさすがに見てビックリでしたね。

日本だけ突出しています。

アメリカ 1.4%
カナダ  1.3%
イギリス 0.8%
スペイン 1.7%
スイス  0.8%
日本   4.8%

さすがにここまで情報があれば日本人はやはりギャンブル好きなんだなと思ってしまいますね。

そんな日本人だからこそバイナリーオプションにもはまる要素があるのでしょう。

日本人の特性に流されることなく自分の意思でやる・やらない、ここで勝負するのかしないのかの判断をしていきましょう。

 

初心者おすすめ

関連記事

バイナリーオプションは危険

バイナリーオプションは本当に危険なのか

今や投資と言えばバイナリーオプション。 そんな流れを作るほどの旋風を引き起こしていますが、少し

記事を読む

バイナリーオプションの学校~最低限の専門用語を覚えよう

バイナリーオプションの学校~最低限の専門用語を覚えよう

バイナリーオプションの学校~最低限の専門用語を覚えよう   初心者でも今すぐに始めるこ

記事を読む

logo1

デビットカードの特徴

デビットカードの特徴 海外バイナリーオプションでの入金方法として、以前にクレジットカードのおす

記事を読む

ローソク足の見方

ローソク足の見方

バイナリーオプションでも株でもそうですが、攻略しないことには始まりません。 そこで今回は攻略す

記事を読む

1161705_20601644

時間帯で取引方法を使い分ける

時間帯で取引方法を使い分ける 以前に日本時間の6時~8時の時間帯がおすすめと記事にしましたが、

記事を読む

image011

勝率を上げなくても勝つ方法

勝率を上げなくても勝つ方法 このブログでも常に勝率を上げることにより、利益が出るようになると話

記事を読む

cc

バイナリーオプションでクレジットカードを使用する

クレジットカードでデポジット 海外バイナリーオプションではクレジットカードでの支払いが当たり前

記事を読む

選択が二択式の簡単取引

バイナリーオプション完全解説

 バイナリーオプションをまだ理解できていない人のための記事です。 この記事ではバイナリーオプシ

記事を読む

photo07

バイナリーオプションのデメリットについて

バイナリーオプションのデメリットについて このブログでもおすすめさせていただいているバイナリー

記事を読む

18_hoshi

バイナリーオプションにマーチンゲールの法則は使えるのか

マーチンゲールの法則とは 昔から言われているギャンブル等の必勝法の一つで基本的にペイアウト率

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑