*

国内バイナリーオプション規制について完全解説

国内バイナリーオプション規制について完全解説

2013年11月に、日本国内バイナリーオプションの取引方法に関して規制が入り、大幅にルールが変更されました。

今回は、規制によってどう変わったのか?その辺りを解説していきたいと思います。

商品性に関するルール

国内バイナリーオプションで最も人気が高い、「数分後に今よりレートが上がっているか?下がっているか?」を予想する、HIGH・LOWオプションが全面的に禁止となり消滅となりました。

短時間での取引が禁止され、判定時刻の感覚に規制が設けられた結果、60オプションのように60秒で取引するオプションの廃止。
更には、取引可能時間が最短5分や10分から、規制後「2時間以上」と定められました。

HIGH・LOWタイプのバイナリーオプションは、賭博性(ギャンブル性)が高いのでは?という声が集まった事が禁止に至った要因です。

「総取り」の禁止

満期時間のレートがレンジ外と呼ばれる、親(業者)の総取りを廃止。

これまでレンジ外のレート幅には明確なルールがありませんでした。
国内バイナリーオプション規制について完全解説毎回、自動的に「親の総取り」=「業者の総取り」となるゾーンが設定されているということになります。

この総取りのレート幅を設ける事が廃止されました。

レンジ外とは?

バイナリーオプションは、上がるか下がるかを予想するシンプルな取引ですが、「上がっても下がっても勝てない」というケースがあります。

この場合を「レンジ外」といって、取引終了時点でレートがレンジ外に入ってしまった場合、HIGHに予想していても、LOWに予想していても、負けになってしまいバイナリーオプション業者の総取りとなるルールです。
※総取りは、投資家の投資金を全て業者が持っていくことを言います。
国内バイナリーオプション規制について完全解説
このレンジ外は、取引開始価格からある一定の幅が設定されます。

このレンジ外というルールが廃止されました。
取引開始価格と取引終了価格が同値の場合は規制後も呼び方は「レンジ外」のままですが、業者が総取りすることはなく、全額投資家に払い戻されるようになりました。

2WAY方式による価格提示

取引をキャンセルする際にポジションを解消するための価格を提示しておく必要があるため、「売り」と「買い」の価格を両方(2WAY)で提示しておく事を定められました。

簡単に説明すると、自分が今買っているのか?どれだけの値動きがあるのか?わかりやすく、売りと買いの両方の価格をリアルタイムで表示してもらえるという事です。
価格の表示がされる事はいい事ですが、「スリッヘージが発生する可能性がある」と言われています。

スリッページとは?

注文を出した際のレートのずれの事です。
例えば100.30円で買いたいと思って買い注文を入れたとします。しかし、次の瞬間に00.32円にレートが変わってしまい、買値が100.32円になってしまった。このズレの事をスリッページと呼びます。

リアルタイムで、売りと買いの価格が表示されているので多少のスリッページは仕方ないという声が多いようですが。どの程度ズレが出るのか?という声も多いようです。

高ペイアウト倍率設定の禁止

取引開始時点で著しく高いペイアウト倍率となる価格設定が禁止となりました。

これに対して、「倍率が何倍なら妥当なのか?」という議論が今でも行われています。
倍率が固定になるというよりは、最大上限倍率を設定するという話し合いが行われているようです。

国内バイナリーオプション規制について完全解説その他にも、規制により廃止されたり、変更された点はありますが、バイナリーオプション取引ルールに関する事項についてはこのような点です。

取引時間が伸びる=1日に取引できる回数が減ってしまう

と言う事です。

安全性やギャンブル性を抑えて、投資家を守るために実施された規制内容になっていますが、バイナリーオプションのせっかくの魅力を失ってしまう結果となりました。

国内のバイナリーオプションに規制が掛かってしまいましたが、海外のバイナリーオプションは国内のバイナリーオプションの規制は適用されません。

これまで通り、規制前のルールでバイナリーオプション取引が可能です。

当ブログでは、

おすすめの海外のバイナリーオプション業者の評価や評判、レビューや口コミ情報、海外業者比較、入出金の方法から必勝攻略法まで初心者の方が読んでも分かるように紹介しています。

これから海外バイナリーオプションを始めてみようかなと考えている方は、是非参考にして下さい。

 

初心者おすすめ

関連記事

trend

トレンド系とオシレーター系

トレンド系とは トレンド系とは、一定期間の相場の動きをなめらかにしトレンドや相場の動きを見て、

記事を読む

tu0275100100_240

バイナリーオプションの期待値

バイナリーオプションの期待値 バイナリーオプションを投資としてやっていく上で少なからずリスクが

記事を読む

logo1

デビットカードの特徴

デビットカードの特徴 海外バイナリーオプションでの入金方法として、以前にクレジットカードのおす

記事を読む

cc

バイナリーオプションでクレジットカードを使用する

クレジットカードでデポジット 海外バイナリーオプションではクレジットカードでの支払いが当たり前

記事を読む

バイナリーオプションの学校~トレンド指標の見方を覚えて相場の値動きを分析

バイナリーオプションの学校~トレンド指標の見方を覚えて相場の値動きを分析

バイナリーオプションの学校~トレンド指標の見方を覚えて相場の値動きを分析   バイナリ

記事を読む

選択が二択式の簡単取引

バイナリーオプション完全解説

 バイナリーオプションをまだ理解できていない人のための記事です。 この記事ではバイナリーオプシ

記事を読む

fx-demokikenn

バイナリーオプションは危険?

本当に危険なのか バイナリーオプションが危険と言われている理由としてペイアウト率の部分が大きい

記事を読む

1ecf5609

FXと併用でリスクヘッジ

FXと併用でリスクヘッジ FXをやっている人であれば少なからずバイナリーオプションとも関連性が

記事を読む

バイナリーオプション攻略「ワンタッチ型」で狙う必勝投資

バイナリーオプション攻略「ワンタッチ型」で狙う必勝投資

バイナリーオプション攻略「ワンタッチ型」で狙う必勝投資 今回の記事では、バイナリーオプション攻略法

記事を読む

バイナリーオプションの危険性について

バイナリーオプションの危険性について

 最近何かと話題が絶えないバイナリーオプション。 今回は、そんな人気絶頂の中でも、危険性もある

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑