*

ローソク足の見方

公開日: : 最終更新日:2016/03/03 海外バイナリーオプション攻略 , , ,

ローソク足の見方

バイナリーオプションでも株でもそうですが、攻略しないことには始まりません。

そこで今回は攻略する上で必須となるローソク足の見方について説明していきます。

ローソク足は日本を代表するチャートであり、世界で一番工夫されている罫線と言われています。

ローソク足は4つの値から出来ており、【始値】【高値】【安値】【終値】から構成されています。

それぞれの意味は以下の通りです。

  • 始値【はじめね】⇒ その日や週で最初に取引された値
  • 終値【おわりね】⇒ その日や週で最後に取引された値
  • 高値【たかね】⇒ その日や週の取引で最も高い値
  • 安値【やすね】⇒ その日や週の取引で最も安い値

これらは見る期間によって、[週足(しゅうあし)][月足(つきあし)][年足(ねんあし)]と言います。

 

ローソク足は、胴体が白いものと黒いものに分かれています。

ローソク足

  • 白い胴体が【陽線】⇒ 始値より終値が高いと[陽線]
  • 黒い胴体が【陰線】⇒ 始値より終値が安いと[陰線]

この色を把握しておくことによって、ローソク足を比較するだけで上昇したのか下降したのかが一目でわかるようになります。

ちなみに、胴体より上の縦線が[上ヒゲ]、胴体より下の縦線が[下ヒゲ]と呼びます。

バイナリーオプションでローソク足を使う理由

ここまでローソク足の見方について説明していきましたが、では実際にバイナリーオプションでローソク足を使う理由とは何なのでしょうか。

ローソク足には、[始値][終値][高値][安値]などの情報を一度で把握できる利点があり、為替の変動を細かく把握する事ができます。ローソク足の見方を覚えるだけで、為替レートが上昇するのか下降するのかのタイミングがわかりやすくなるのです。

ローソク足一つ覚えておくだけでも、バイナリーオプションで非常に有利に進められるので、覚えておくことをオススメします。

 

バイナリーオプションの授業~引き分け(ドロー)になった時

関連記事

バイナリーオプション必勝テクニック~スキャルピングとは?

バイナリーオプション必勝テクニック~スキャルピングとは?

バイナリーオプション必勝テクニック~スキャルピングとは?   FXの代表的なテクニック

記事を読む

cc

バイナリーオプションでクレジットカードを使用する

クレジットカードでデポジット 海外バイナリーオプションではクレジットカードでの支払いが当たり前

記事を読む

バイナリーオプション初心者講座~「アメリカンスタイル」と「ヨーロピアンスタイル」

バイナリーオプション初心者講座~「アメリカンスタイル」と「ヨーロピアンスタイル」

バイナリーオプション初心者講座~「アメリカンスタイル」と「ヨーロピアンスタイル」  

記事を読む

trend

バイナリーオプションのトレンドとは

トレンドを学ぼう バイナリーオプションを攻略していく上で欠かせないのがトレンドを読むことです。

記事を読む

バイナリーオプションの授業~海外ではポピュラーな「ピノキオ戦略」

バイナリーオプションの授業~海外ではポピュラーな「ピノキオ戦略」

バイナリーオプションの授業~海外ではポピュラーな「ピノキオ戦略」   バイナリーオプシ

記事を読む

バイナリーオプションの時代

バイナリーオプションの時代

今やバイナリーオプションの言葉を聞かない日は無くなりました。 副業・お小遣い稼ぎ・ネットビジネ

記事を読む

img_20140715-181247

どれぐらいの軍資金からスタート?

最少資金からのスタート バイナリーオプションの魅力のひとつですが、ワンコインからスタートするこ

記事を読む

o0656036712475803513

大手サッカークラブチームと提携

24optionとユヴェントスが提携 大手サッカークラブチームのユヴェントスがバイナリーオプシ

記事を読む

yo_au01

スマホで簡単取引が出来るバイナリーオプション

スマホで簡単取引が出来るバイナリーオプション バイナリーオプションや株・FXの投資系に関しては

記事を読む

fx-demokikenn

バイナリーオプションは危険?

本当に危険なのか バイナリーオプションが危険と言われている理由としてペイアウト率の部分が大きい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑