*

ローソク足の見方

公開日: : 最終更新日:2016/03/03 海外バイナリーオプション攻略 , , ,

ローソク足の見方

バイナリーオプションでも株でもそうですが、攻略しないことには始まりません。

そこで今回は攻略する上で必須となるローソク足の見方について説明していきます。

ローソク足は日本を代表するチャートであり、世界で一番工夫されている罫線と言われています。

ローソク足は4つの値から出来ており、【始値】【高値】【安値】【終値】から構成されています。

それぞれの意味は以下の通りです。

  • 始値【はじめね】⇒ その日や週で最初に取引された値
  • 終値【おわりね】⇒ その日や週で最後に取引された値
  • 高値【たかね】⇒ その日や週の取引で最も高い値
  • 安値【やすね】⇒ その日や週の取引で最も安い値

これらは見る期間によって、[週足(しゅうあし)][月足(つきあし)][年足(ねんあし)]と言います。

 

ローソク足は、胴体が白いものと黒いものに分かれています。

ローソク足

  • 白い胴体が【陽線】⇒ 始値より終値が高いと[陽線]
  • 黒い胴体が【陰線】⇒ 始値より終値が安いと[陰線]

この色を把握しておくことによって、ローソク足を比較するだけで上昇したのか下降したのかが一目でわかるようになります。

ちなみに、胴体より上の縦線が[上ヒゲ]、胴体より下の縦線が[下ヒゲ]と呼びます。

バイナリーオプションでローソク足を使う理由

ここまでローソク足の見方について説明していきましたが、では実際にバイナリーオプションでローソク足を使う理由とは何なのでしょうか。

ローソク足には、[始値][終値][高値][安値]などの情報を一度で把握できる利点があり、為替の変動を細かく把握する事ができます。ローソク足の見方を覚えるだけで、為替レートが上昇するのか下降するのかのタイミングがわかりやすくなるのです。

ローソク足一つ覚えておくだけでも、バイナリーオプションで非常に有利に進められるので、覚えておくことをオススメします。

 

バイナリーオプションの授業~引き分け(ドロー)になった時

関連記事

バイナリーオプションで勝てない人は?

バイナリーオプションで勝てない人は?

 バイナリーオプションは投資なので、当然【勝つ人】と【勝てない人】が出てきます。もちろん勝てる方

記事を読む

バイナリーオプションとFXとの違いとは?

バイナリーオプションとFXとの違いとは?

FX経験者や、FXを少し知っている方は「バイナリーオプションとFXって何が違うの?」と思う方もいらっ

記事を読む

バイナリーオプション完全解説~予算とリスク管理について

バイナリーオプション完全解説~予算とリスク管理について

バイナリーオプション完全解説~予算とリスク管理について バイナリーオプションは他の投資方法とは異な

記事を読む

選択が二択式の簡単取引

バイナリーオプション完全解説

 バイナリーオプションをまだ理解できていない人のための記事です。 この記事ではバイナリーオプシ

記事を読む

バイナリーオプションは危険

バイナリーオプションは本当に危険なのか

今や投資と言えばバイナリーオプション。 そんな流れを作るほどの旋風を引き起こしていますが、少し

記事を読む

tu0275100100_240

バイナリーオプションの期待値

バイナリーオプションの期待値 バイナリーオプションを投資としてやっていく上で少なからずリスクが

記事を読む

海外バイナリーオプションでのトラブルまとめ

海外バイナリーオプションでのトラブルまとめ

海外バイナリーオプションでのトラブルまとめ   海外バイナリーオプションを利用して

記事を読む

so17

日本人のギャンブル好きは世界一

日本人のギャンブル好きは世界一 バイナリーオプションも一種のギャンブルといえばギャンブルですね

記事を読む

photo07

バイナリーオプションのデメリットについて

バイナリーオプションのデメリットについて このブログでもおすすめさせていただいているバイナリー

記事を読む

バイナリーオプションの授業~トレードルール作りとメンタル強化

バイナリーオプションの授業~トレードルール作りとメンタル強化

バイナリーオプションの授業~トレードルール作りとメンタル強化   突然ですが、皆さんに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑