*

バイナリーオプションの授業~海外ではポピュラーな「ピノキオ戦略」

バイナリーオプションの授業~海外ではポピュラーな「ピノキオ戦略」

 

バイナリーオプションで必勝投資を目指すための攻略法、必勝法、戦略やテクニックは数えきれないほどあると思います。

今回は、海外でポピュラーな戦略…その名も、「ピノキオ戦略」について完全解説していきたいと思います。
バイナリーオプションの授業~海外ではポピュラーな「ピノキオ戦略」

「ピノキオ戦略」の由来は?

皆さん、ピノキオはご存知ですよね?

原作はディズニーではないですが、昔ディズニーが制作した映画もあり、童話や絵本でもお馴染みなので、読んだことがある方がほとんどではないでしょうか。

おそらく、誰でも知っていると思います。

そのピノキオのお話の中で、「嘘をつくと鼻が伸びてしまう」というエピソードは、とっても有名ですね。

「ピノキオ戦略」のネーミングはそこに由来しています。

ローソク足を見ていると、「実体の部分が小さくてヒゲの部分がとても長いもの」が現われる時があります。

ピノキオ戦略においては、そのような形のローソク足を「ピノキオバー」と言います。

ヒゲを、ピノキオの鼻に見立てているんです。

ピノキオ戦略の特徴と使い方

ピノキオが嘘をつくと鼻が伸びてしまうように、「ピノキオバー」も嘘をつくときに鼻(ローソク足)を片方伸ばします。

どちらに伸びる場合でも、これはあるモノのチャート方向がもうすぐ反転することを示唆しています。
バイナリーオプションの授業~海外ではポピュラーな「ピノキオ戦略」
HIGH&LOWオプションにおいての使い方は、

鼻が上に伸びた時は=LOW

鼻が下に伸びた時は=HIGH

といった感じです。

とてもシンプルで、簡単な攻略法だと思いませんか?

初心者でもすぐに実践で試せる戦略だと思います。

確かにこれだけでは心許ないところもありますが…

初心者の方々は、こういうシンプルな戦略からコツコツ勝率を上げていくことが重要です。

 

初心者おすすめ

関連記事

バイナリーオプション攻略「ワンタッチ型」で狙う必勝投資

バイナリーオプション攻略「ワンタッチ型」で狙う必勝投資

バイナリーオプション攻略「ワンタッチ型」で狙う必勝投資 今回の記事では、バイナリーオプション攻略法

記事を読む

peiauto11

バイナリーオプションのペイアウト率を上げる方法

バイナリーオプションのペイアウト率を上げる方法 まずペイアウト率はご存じでしょうか。ペイアウト

記事を読む

141004-1

バイナリーオプションが稼げる理由

バイナリーオプションが稼げる理由 バイナリーオプションが人気の理由として、FXや株と比べてリタ

記事を読む

バイナリーオプションのメリット・デメリット(メリット編)

バイナリーオプションのメリット・デメリット(メリット編)

バイナリーオプションのメリット・デメリット(メリット編) これからバイナリーオプションを始めたい、

記事を読む

d983dcb5

バイナリーオプションの国内規制

バイナリーオプションの日本における規制 もともと国内業者で流行っていたサービスなのですが、いつ

記事を読む

バイナリーオプションで勝てない人は?

バイナリーオプションで勝てない人は?

 バイナリーオプションは投資なので、当然【勝つ人】と【勝てない人】が出てきます。もちろん勝てる方

記事を読む

バイナリーオプションの危険性について

バイナリーオプションの危険性について

 最近何かと話題が絶えないバイナリーオプション。 今回は、そんな人気絶頂の中でも、危険性もある

記事を読む

バイナリーオプション完全解説~予算とリスク管理について

バイナリーオプション完全解説~予算とリスク管理について

バイナリーオプション完全解説~予算とリスク管理について バイナリーオプションは他の投資方法とは異な

記事を読む

バイナリーオプションの必要性

バイナリーオプションで【得する人】【損する人】

バイナリーオプションというものをご存知でしょうか? バイナリーオプションとは投資の一種で、今

記事を読む

バイナリーオプション完全解説「完売システム」の意味

バイナリーオプション完全解説「完売システム」の意味

バイナリーオプション完全解説「完売システム」の意味 完売システムとは? 今回は、「完売システ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑