*

バイナリーオプションの授業~海外ではポピュラーな「ピノキオ戦略」

バイナリーオプションの授業~海外ではポピュラーな「ピノキオ戦略」

 

バイナリーオプションで必勝投資を目指すための攻略法、必勝法、戦略やテクニックは数えきれないほどあると思います。

今回は、海外でポピュラーな戦略…その名も、「ピノキオ戦略」について完全解説していきたいと思います。
バイナリーオプションの授業~海外ではポピュラーな「ピノキオ戦略」

「ピノキオ戦略」の由来は?

皆さん、ピノキオはご存知ですよね?

原作はディズニーではないですが、昔ディズニーが制作した映画もあり、童話や絵本でもお馴染みなので、読んだことがある方がほとんどではないでしょうか。

おそらく、誰でも知っていると思います。

そのピノキオのお話の中で、「嘘をつくと鼻が伸びてしまう」というエピソードは、とっても有名ですね。

「ピノキオ戦略」のネーミングはそこに由来しています。

ローソク足を見ていると、「実体の部分が小さくてヒゲの部分がとても長いもの」が現われる時があります。

ピノキオ戦略においては、そのような形のローソク足を「ピノキオバー」と言います。

ヒゲを、ピノキオの鼻に見立てているんです。

ピノキオ戦略の特徴と使い方

ピノキオが嘘をつくと鼻が伸びてしまうように、「ピノキオバー」も嘘をつくときに鼻(ローソク足)を片方伸ばします。

どちらに伸びる場合でも、これはあるモノのチャート方向がもうすぐ反転することを示唆しています。
バイナリーオプションの授業~海外ではポピュラーな「ピノキオ戦略」
HIGH&LOWオプションにおいての使い方は、

鼻が上に伸びた時は=LOW

鼻が下に伸びた時は=HIGH

といった感じです。

とてもシンプルで、簡単な攻略法だと思いませんか?

初心者でもすぐに実践で試せる戦略だと思います。

確かにこれだけでは心許ないところもありますが…

初心者の方々は、こういうシンプルな戦略からコツコツ勝率を上げていくことが重要です。

 

初心者おすすめ

関連記事

バイナリーオプションの授業~ラストミニッツ戦略で利益を得る

バイナリーオプションの授業~ラストミニッツ戦略で利益を得る

バイナリーオプションの授業~ラストミニッツ戦略で利益を得る 今回は、初心者にも実践できるバイナリー

記事を読む

バイナリーオプションとFXとの違いとは?

バイナリーオプションとFXとの違いとは?

FX経験者や、FXを少し知っている方は「バイナリーオプションとFXって何が違うの?」と思う方もいらっ

記事を読む

yo_au01

スマホで簡単取引が出来るバイナリーオプション

スマホで簡単取引が出来るバイナリーオプション バイナリーオプションや株・FXの投資系に関しては

記事を読む

バイナリーオプションで勝てない人は?

バイナリーオプションで勝てない人は?

 バイナリーオプションは投資なので、当然【勝つ人】と【勝てない人】が出てきます。もちろん勝てる方

記事を読む

image011

勝率を上げなくても勝つ方法

勝率を上げなくても勝つ方法 このブログでも常に勝率を上げることにより、利益が出るようになると話

記事を読む

バイナリーオプション完全解説~予算とリスク管理について

バイナリーオプション完全解説~予算とリスク管理について

バイナリーオプション完全解説~予算とリスク管理について バイナリーオプションは他の投資方法とは異な

記事を読む

peiauto11

バイナリーオプションのペイアウト率を上げる方法

バイナリーオプションのペイアウト率を上げる方法 まずペイアウト率はご存じでしょうか。ペイアウト

記事を読む

選択が二択式の簡単取引

バイナリーオプション完全解説

 バイナリーオプションをまだ理解できていない人のための記事です。 この記事ではバイナリーオプシ

記事を読む

海外バイナリーオプション業者の出金について

海外バイナリーオプション業者の出金について

海外バイナリーオプション業者の出金について 海外バイナリー業者を利用している投資家の間で、後を絶た

記事を読む

logo1

デビットカードの特徴

デビットカードの特徴 海外バイナリーオプションでの入金方法として、以前にクレジットカードのおす

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑