*

バイナリーオプションの取引の種類【レンジ】

公開日: : 最終更新日:2016/03/03 海外バイナリーオプション攻略 , , ,

バイナリーオプションの取引の種類【レンジ】

20120530050000

バイナリーオプションといえばハイアンドローが有名ですが、実は他にも取引の方法があるのです。

場合によってはハイアンドローよりも簡単に勝つ事も可能なのです。

その取引方法とは・・・

レンジ相場で勝つ

レンジは判定時間までの間、レートが一定のレンジ内で推移するかしないかが判定基準の取引です。一度でもレンジをブレイクしてしまうと負けが確定してしまうのでチャートを見ながらドキドキしたい人向きかも。ボラリティの低い時が狙い目です。

ある一定時点までに市場の価格が設定されたレンジ(価格レートの上下の範囲)を維持するか、しないかを予測する取引です。

以前にこのブログで勝ちやすい時間帯を説明しましたが、それがここでも役にたちます。

こちらからおさらい

↓ ↓ ↓ ↓

勝ちやすい時間帯

ここで紹介している時間帯が実はレンジ相場になっていることが多いのです!

なのでその時間帯に関してはハイローよりレンジの方が勝ちやすい方法ともいえます。

レートが上昇したらローの方向へ、下落したらハイの方向へハイローを行うのも良いですが、レンジ取引で、レンジ内に収まる方へ、取引をコツコツと続けることで、利益を重ねる可能性が高まってきます。

もちろん、まれに大きく動いてレンジ外となる場合もありますが、トレードというものは全勝できるものではありません。

バイナリーオプションでトレードを繰り返し、最終的に利益の方が上回るようにするということがバイナリーオプションで勝つ方法と言えます。

これを忘れないで下さい。

 

初心者おすすめ

関連記事

binaryoptionjapankaigai

バイナリーオプションの国内業者と海外業者の違い

国内と海外の違い バイナリーオプションには大きく分けて2種類あります。 その二つとは国内業者

記事を読む

出金の評判でバイナリーオプション業者を比較201410

出金の評判でバイナリーオプション業者を比較【2014年10月度】

 今回は、【バイナリーオプション比較ランキング】独自の調査とネット上での口コミをまとめ、ランキン

記事を読む

バイナリーオプションの学校~トレンド指標の見方を覚えて相場の値動きを分析

バイナリーオプションの学校~トレンド指標の見方を覚えて相場の値動きを分析

バイナリーオプションの学校~トレンド指標の見方を覚えて相場の値動きを分析   バイナリ

記事を読む

141004-1

バイナリーオプションが稼げる理由

バイナリーオプションが稼げる理由 バイナリーオプションが人気の理由として、FXや株と比べてリタ

記事を読む

o0656036712475803513

大手サッカークラブチームと提携

24optionとユヴェントスが提携 大手サッカークラブチームのユヴェントスがバイナリーオプシ

記事を読む

cc

バイナリーオプションでクレジットカードを使用する

クレジットカードでデポジット 海外バイナリーオプションではクレジットカードでの支払いが当たり前

記事を読む

バイナリーオプションの必要性

バイナリーオプションで【得する人】【損する人】

バイナリーオプションというものをご存知でしょうか? バイナリーオプションとは投資の一種で、今

記事を読む

バイナリーオプションとFXとの違いとは?

バイナリーオプションとFXとの違いとは?

FX経験者や、FXを少し知っている方は「バイナリーオプションとFXって何が違うの?」と思う方もいらっ

記事を読む

18_hoshi

バイナリーオプションにマーチンゲールの法則は使えるのか

マーチンゲールの法則とは 昔から言われているギャンブル等の必勝法の一つで基本的にペイアウト率

記事を読む

バイナリーオプションの学校~バイナリーオプションのリスクについて

バイナリーオプションの学校~バイナリーオプションは危険なのか?

バイナリーオプションの学校~バイナリーオプションは危険なのか?   今回は、バイナリー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑