*

バイナリーオプションが稼げる理由

公開日: : 最終更新日:2016/03/03 海外バイナリーオプション攻略 , , , ,

バイナリーオプションが稼げる理由

141004-1

バイナリーオプションが人気の理由として、FXや株と比べてリターンが大きいというのがひとつあります。

FXや株は賭けた資金に対しての還元期待値でいうと105~110%といわれています。それに対してバイナリーオプションは170%~となりますので、これらと比べればバイナリーオプションは破格の期待値になります。リスクに関してはどれも同じように存在しているので単純に短期で資金を増やすにはバイナリーオプションが一番なのです。

還元期待値から見てわかる通り、FXや株は長期的なモデルとなります。長く保有し続けることにより、定期的に利益を得られます。それに対してバイナリーオプションは短期モデルとなります。瞬間的に利益を出したいときにはもってこいの投資法ですね。

そしてリスク管理もとても明確です。

FXや株は損失も把握が難しくなっており、FXであれば証拠金が無くなったタイミングでロスカットをされてしまったりします。レバレッジという独自のシステムがあり、デポジットした軍資金を実際には何十倍にもしてくれるというもので本来取扱いできないような金額の単位を操作することが出来るのです。

これは金利などの面で見たらとてもありがたいのですが、ほんの少しの為替の変化だけでも影響が大きいのです。だから余計に資産が現在どれくらいないとダメとか把握が知識がないと難しいのです。

それに引き換え、バイナリーオプションは基本的には知識がなくてもすぐに始められますよね。

もちろん勝率を上げていくためには知識が必要になってきますが。

バイナリーオプションは長く資産運用したいと思っている方には不向きだと思います。

取引回数を増やしていかなければ資産は増えることがないからです。

時間がある方や、空いた時間を有効活用したいという方にはとてもおすすめです。

 

 

初心者おすすめ

関連記事

1161705_20601644

時間帯で取引方法を使い分ける

時間帯で取引方法を使い分ける 以前に日本時間の6時~8時の時間帯がおすすめと記事にしましたが、

記事を読む

trend

トレンド系とオシレーター系

トレンド系とは トレンド系とは、一定期間の相場の動きをなめらかにしトレンドや相場の動きを見て、

記事を読む

バイナリーオプションの授業~投資対象と投資時間を絞る必勝攻略法

バイナリーオプションの授業~投資対象と投資時間を絞る必勝攻略法

バイナリーオプションの授業~投資対象と投資時間を絞る必勝攻略法   バイナリーオプショ

記事を読む

バイナリーオプションの学校~最低限の専門用語を覚えよう

バイナリーオプションの学校~最低限の専門用語を覚えよう

バイナリーオプションの学校~最低限の専門用語を覚えよう   初心者でも今すぐに始めるこ

記事を読む

バイナリーオプションの学校~バイナリーオプションのリスクについて

バイナリーオプションの学校~バイナリーオプションは危険なのか?

バイナリーオプションの学校~バイナリーオプションは危険なのか?   今回は、バイナリー

記事を読む

18_hoshi

バイナリーオプションにマーチンゲールの法則は使えるのか

マーチンゲールの法則とは 昔から言われているギャンブル等の必勝法の一つで基本的にペイアウト率

記事を読む

1ecf5609

FXと併用でリスクヘッジ

FXと併用でリスクヘッジ FXをやっている人であれば少なからずバイナリーオプションとも関連性が

記事を読む

image011

勝率を上げなくても勝つ方法

勝率を上げなくても勝つ方法 このブログでも常に勝率を上げることにより、利益が出るようになると話

記事を読む

国内バイナリーオプション規制について完全解説

国内バイナリーオプション規制について完全解説

国内バイナリーオプション規制について完全解説 2013年11月に、日本国内バイナリーオプションの取

記事を読む

kenja_main

バイナリーオプション最強3口座はこれで決まり!

業者選びは慎重に 海外バイナリーオプションの業者の数も今ではだいぶ増えてきました。今年初めのこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑