*

ボーナスを受取った場合の出金方法

公開日: : 最終更新日:2016/03/03 海外バイナリーオプション攻略 , ,

ボーナスを受取った場合の出金方法

ar0010002240w

海外のバイナリーオプション業者を利用している方から出金が出来ない、出金要請が取り消されるなどの声をよく耳にしますが、これらの大体の理由が出金条件を満たしてない状態でのトラブルとなっています。初回ボーナスという形でボーナスを受け取った時点である一定の条件は満たさなければいけなくなります。(業者によって大きく異なります)

もちろんこの初回ボーナスは断ることもできますが、メリットの方が大きいので長い目で見るのであればおすすめですが、短期的に稼いで出金したいという方には向いてないのでボーナスは断ってもいいと思います。

そういうトラブルですが、勘違いでの発生が非常に多いのでそんな事態にならないようにボーナスを受け取るのであればまず出金条件を先に確認をして把握をしておきましょう。

そうすると下記の画像はある海外バイナリーオプション業者のボーナスポリシーとなっており、どこの業者も必ずこういうのをサイト内に記載をしています。

bi-op29

この中で重要なのが下線部の部分で、これは受け取ったボーナス金額の30倍から40倍の取引が必要ということですね。※これも業者によって大きくことなります。

例えば10万円のボーナスを貰った場合、それの30倍、300万円分の取引が必要となるのです。ただ、ボーナス付与分ではなく、入金した方の元金分は出金は可能なところもあります。可能ですが、ボーナス分は出金条件未達成ということで取消になってしまいますが・・・。

結論はさっきも記述した通り、長い期間で考えているのであれば、ボーナスはもらうべきでしょう。

あとは業者によってはもう少しボーナス付与時の条件が緩いところもあるかもしれないのでもし、条件によってクリアが出来そうか出来なそうかで判断するのもいいでしょう。

 

 

初心者おすすめ

関連記事

バイナリーオプションのメリット・デメリット(デメリット編)

バイナリーオプションのメリット・デメリット(デメリット編)

バイナリーオプションのメリット・デメリット(デメリット編) これからバイナリーオプションを始めたい

記事を読む

o0656036712475803513

大手サッカークラブチームと提携

24optionとユヴェントスが提携 大手サッカークラブチームのユヴェントスがバイナリーオプシ

記事を読む

moukaru

バイナリーオプションで儲かるのはどれくらい?

バイナリーオプションで儲かるのはどれくらい? 色々なところでバイナリーオプションで儲かったや貯

記事を読む

バイナリーオプションの税金に関する話

バイナリーオプションの税金に関する話

 お金を稼ぐ以上、税金に関しては知っておかなければなりません。 脱税は犯罪ですからね。ちなみに

記事を読む

so17

日本人のギャンブル好きは世界一

日本人のギャンブル好きは世界一 バイナリーオプションも一種のギャンブルといえばギャンブルですね

記事を読む

image011

勝率を上げなくても勝つ方法

勝率を上げなくても勝つ方法 このブログでも常に勝率を上げることにより、利益が出るようになると話

記事を読む

141004-1

バイナリーオプションが稼げる理由

バイナリーオプションが稼げる理由 バイナリーオプションが人気の理由として、FXや株と比べてリタ

記事を読む

バイナリーオプション初心者講座~テクニカル分析・チャート分析とは

バイナリーオプション初心者のための必勝講座~テクニカル分析・チャート分析とは

バイナリーオプション初心者のための必勝講座~~テクニカル分析・チャート分析とは   バ

記事を読む

binaryoptionjapankaigai

バイナリーオプションの国内業者と海外業者の違い

国内と海外の違い バイナリーオプションには大きく分けて2種類あります。 その二つとは国内業者

記事を読む

fx-demokikenn

バイナリーオプションは危険?

本当に危険なのか バイナリーオプションが危険と言われている理由としてペイアウト率の部分が大きい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑